このエントリーをはてなブックマークに追加

胸を大きくするバストアップサプリの成分と効果

胸を大きくするバストアップのためのサプリメントに配合されている代表的な成分についてご説明します。

プエラリア…プエラリアはタイ原産の「プエラリア・ミリフィカ」というマメ科の植物から抽出された成分です。女性ホルモンと同様の役目をはたす植物性イソフラボンやエストロゲンを大豆の約40倍も含んでいて、バストアップの他にも更年期障害の症状緩和や不妊治療などへの効果が期待されている成分です。

ブラックコホシュ…北米原産のハーブの一種です。白い花を咲かせますが根が黒いことから「ブラック」という名前がついたといわれています。イソフラボンを豊富に含んでいるので女性ホルモンの分泌異常を原因とする様々な深い症状の緩和に効果があるとされています。独特の苦味があるのでハーブティーにすると飲みにくく、サプリメントで利用されるようになりました。

ザクロエキス…ザクロはペルシャでは古代から「生命の果実」とも呼ばれています。植物性エストロゲンを豊富に含み、美容に欠かせないビタミンB・Cが豊富に含まれているので、美容に意識の高い女性の間で人気のある成分です。

チェストツリー…ハーブの一種であるチェストツリーもバストアップサプリに含まれることの多い成分です。女性ホルモンを整える働きがあり、バストアップの他に生理痛や月経前症候群の改善効果も期待されています。

プラセンタ…20種類ものアミノ酸を含み、血行促進作用や細胞の活性化による乳腺の発達が期待できます。美肌やアンチエイジングのコスメにも使用されることが多く、バストのサイズアップはもちろんのこと、美しくハリのあるバストを作ることができます。

豊胸手術で胸を大きくしたい

豊胸手術は美容外科で受けることのできる美容整形の一種です。美容整形には健康保険が適用されず、豊胸手術も同じですから、手術料金は高額です。それでも豊胸手術でバストアップの夢を叶えたいという女性が多く、世界的にも豊胸手術の技術の進歩は目覚ましいものになっています。豊胸手術を受ける時に最も大切なのは、信頼できるクリニックを選ぶということです。クリニックの技術ひとつで思い通りのバストを手に入れることができるかどうかが決まります。また、手術ですから体にも負担がかかります。バストだけでなく体全体に影響を及ぼすような副作用が起こる可能性も考えると、実績のある誠実なクリニックを選びたいものです。

ホームページで検索するとたくさんの美容外科のホームページを見つけることができます。CMで有名な美容外科もありますが、広告だけに踊らされず、実際に施術を受けた人の口コミなどを詳しく調べてからカウンセリングを受けてみましょう。カウンセリングでは病院内の雰囲気はもちろんのこと、胸を大きくしたい自分の悩みをどれだけ親身になって聞いてくれるのか、「できること」と「できないこと」をはっきり伝えてくれるか、副作用についてもしっかりと説明をしてくれるか、などをチェックしましょう。悩みを聞くだけなら誰にでもできますが、その悩みに対してどのようにアプローチするのか、私たちに分かりやすい言葉でしっかりと説明してくれる医師は信頼に値します。追加料金の発生など、料金についても必ず確認してください。トラブルを防いで理想的なバストを手に入れるためにも、クリニック選びには慎重になりましょう。

その他の胸を大きくする方法

AカップをCカップにしたいなど、胸を大きくしたい時にはサプリや体操、エクササイズやマッサージなどの運動様々な方法を組み合わせて行うと効果的です。また、ブラジャーをバストアップブラにしたり、お腹の脂肪をダイエットするとメリハリきいたスタイルに見せることができます。

ページの先頭へ